尺フルート頭部管

マイフルートユーザーから尺ルートが有る事を教えて頂きました。

歌口部分が竹で尺八の頭部分がフルートのジョイントに取り付けて尺八とフルートを融合した物です。

尺八の歌口に鋭いエッジに興味があり、竹を使用しない事で 永い年月、曲げたり、削ったり、焼いたり出来る特意技の金属で試みた。

当初は青銅合金の丸棒を旋盤で削り、次に立てフライスで歌口のエッジを

加工をして尺八の歌口と同じ物を、何回も繰り返す製作して

測定して同じ寸法にして、ジョイント部分のパイプを取り付けて

エッジ部分をやすりで削り、息の当たりを何回も削りながら確かめて

又マウスピースが唇下の触れる部分と、アンブシャホール当たりを繊細で

微妙に音色、音量を変わる事が発見、フルートの歌口にも良く似ています。

何回も試みて尺八に近い物が『本人だけが思っている』

失敗を試みてベストな形が出来て、銀製で試作製作して

音出してテストのなかなか音がでない、毎日練習して音が出るようになるが

安定して音がでない又練習 練習かさね演奏が出来る様になる。

尺八では難しくてこんなに早く音が出る事が無いと思う 大変難しい

首ふり3〜4年しないと尺八は吹けない事を感じて尺フルート頭部管『金属の尺八の歌口のネーム』勝手に命名しました。

尺八の様な和音とフルートの2種類の楽器の持ち替えで演奏が出来ないかと考えて、

尺フルート頭部管を演奏が出来て半年ほどの練習で、フルートの同じ運指を使う事で尺八エッジの音出しが出来れば何の問題も無くてフルート演奏者は簡単楽しく演奏出来ます。

どうしても尺八の様な音を出したい発想でフルートも吹けるので

尺八&フルートの音が出る様になり、頭部管を換えると

楽しくて全く違う音楽出来るのと、演奏が豊かになり、演奏のレパートリが多く増えた

感じがします。

ご意見ご感想ご質問が有りましたら何時でも連絡頂ければ幸いです。

 

総銀製 尺フルート頭部管を取り付けると、音色が和の音が奏でる




尺フルート歌口を上から見た写真、尺八と同じエッジで、慣れれば簡単に演奏が出来ます

尺八の様に縦で吹くので右手親指で、楽器本体を支える。
凸部分はケースに直す時にネジを外すと、フルートケースに収まります。

三重奏で老人ホームの新年会での演奏会で初めての尺フルート頭部管での演奏です。
総銀製尺フルート頭部管 販売価格¥80000 税別
ソフトケース付き


試奏は来店頂きましたら、事細かな相談はお受けします。
又 連絡頂ければ試奏の貸し出しもお受けしています。
          
Back