ナツキフルートからフルートパッド用
新製品 ナツキスマートパッド
次世代パッドを開発しました。
フルートのパッド作りはオリフエルトと台紙の組み合わせて各サイズを丸くポンチで抜いて外側にスキンを巻いてフルートパッドになります。フエルトの表面と厚みと固さが安定しないので、パッド合わせが非常に難しくて特殊な技術を必要としています。
従来のパッドは最初の組立てパッド合わせが出来ても、翌日に変化して安定するまで時間が掛かりましたので、その困難を解決する為にナツキフルートが新しいパッドを開発しました。

朗 報 !

元東京交響楽団佐々木真氏がナツキフルート14金製のフルートにフォルテ1&2を 使用して演奏が始まりました。


詳しく事はメールでの問い合わせをお願いします。


プロフルーティストから有名音大生まで、フォルテ2 の愛用者から大きな反響をよんでおります。
また、一般のフルーティスト・フルートの愛好家からも大好評です。

フォルテ2愛用者は東京芸大卒で第12回札幌フルートコン ベンション優勝者の神田勇哉様もフォルテ2のご愛用者の一人です。
また、東京芸大卒 梶原一紘様にもフォルテ2をご愛用いただき、好評をいただいております。
東京芸大卒有名3人仲間の多久潤一郎様も愛用して頂いています。彼らは国内海外トリオ組み

世界的に活動しています。

 

彼らすべてが弊社アトリエで、長い時間かけて試奏して頂き購入して頂きました。

フォルテ2の違いを確認して頂き全国販売が、出来ました。

フルーティストの皆さんフォルテ2を使用すると、画期的な音色が体験出来ます。
フォルテ2の愛用者が益々増えています。
自分のフルートで体験してみて下さい。

写真B

← フェルト






← 金属枠

写真@

ナツキフルートから朗報です。
シリコンパッドはナツキフルート専用に開発しましたが、愛用者から他社のフルートにもシリコンパッドを取り付けの要望が多くなり平成22年4月から他のメーカーにもシリコンパッドを付けた修理を始めました。
パッドの交換は部分交換できません。
全交換で今回の特徴は、写真@のトリルキーとCISキーの3点をシリコンパッドに替える
「その他はフエルトパッド」と音量が増し、響きが大きく演奏が飛躍的に楽になり、今までに無い演奏感が楽しめます。

写真Aの説明 

ナツキのスマートパットでは金属の枠(写真下段)にフエルトを入れ、フエルトを安定させることでパッドの表面を完全フラットにする事を実現しています。その上からスキンを張って完成したのが最上部写真です。製品の特徴として、フエルトを金属枠の中に収める事で、フエルトの厚みの平坦化(凹凸誤差)に成功しました。金属枠は精密な金属加工が必要ですが、この工夫によってパッドの狂いが少なく、メンテナンスが飛躍的に改善できる製品となりました。

B I G  N E W S
 

 

 

写真の説明

ナツキの銀製フルートにはCキ−用からBフットジョイント用パッドが標準で付いています。他社製フルートの取り付け価格は、ナツキフルートHPの修理項を参照ください。殆どのメーカーに適用できます。パッドでお困りのフルーティストは新しいフルートパットを体験して下さい。管体の音礼上部のトンホールの密封性が増す事で、響きが大きくなる事を感じることができます。何時でもスマートパッドの取り換えの見積もりを相談して下さい。

注意 シリコンパッドだけの取り換えは申し訳ありませんが出来ません。

写真A

← 完成型:トリルキーとC#キ−はシリコンパッド使用

← フェルト・右手シリコン


← 金属枠

写真AはトリルキーとCISキーシリコンパッドを取り付けた写真で、シリコンパッドを管体の上部に付けて、密封度が完璧になるので管が良く新しい響き初体験ができます。
他社のフルートにもフォルテ1と2の取り付けが、究極の組み合わせが完成しましたので問い合わせてください。
フルートの響きと音量にお悩みのフルーティストの皆さん自分のフルートの響きを変えてみませんか?

写真A