従来のフルートは、キーを連動させるためにパイプと芯金・ノックピンを固定していたがノックピンを使わないで直接キーパイプの下にロッドを巧みな技術で、取り付けの開発に成功しました。
ナツキフルートのNewアンダーピンレスキー右側写真は右手の部分を鮮明に拡大したもので革新的な高度な技術で、故障のトラブルを改善したキーシステムです。
ナツキフルートのNewアンダーピンレスキーはフルートのキーを後ろから見たもので右手左手のキーをパイプの下に左右に細いロッドが平行に付いているのが、ナツキフルートが開発したもので、スリムに収納されているのが特徴です。

Newアンダーレスピンキー効果
従来のフルートは、パイプと芯金にノックピンを打つことで、パイプの中の芯金が摩擦の作動が鈍くなり故障が発生することもある。又キーとキー部品の取り外しが困難で、キー取り外しをノックピンを打たない事で、楽に出来ることを開発したもので未来永久に続くキーシステムです。又、芯金の摩擦が少なくなることで演奏の時のキーの開閉が従来のフルートに比べて大変滑らかなタッチが得られて演奏が楽になります。
大改造されたナツキフルートのNewアンダーピンレスキーフルートは表面から見ても変わらないフォルムで、巧みな技術です。

BackNext